男性心理 好意 言葉

男性心理で好意のある言葉とは?

スポンサーリンク

今回は男性心理で好意のある言葉とは?というテーマで話していこうと思います。
男性の心理を理解する方法として行動や態度で判断するという方法もありますが、行動や態度だけでは判断が難しい場合があります。
そんな時に良い判断材料となるのが言葉です。
男性と女性では価値観や考え方が違うので、言葉にもそれが現われてきます。
なので、行動や態度だけではなかなか判断が難しい場合があります。
そこで良い判断材料となるのが言葉なのです。
男性心理で好意のある言葉とはどんな言葉なのでしょうか?みていきましょう。
一つは、『具体的な話が増えてくる』というものです。
内容は恋愛的なものが増えてきて、将来は『子供は何人いて〜、家は一戸建てで〜』といった具合です。
他には『恋人とは遊園地やスキーに行きたいな〜』『料理上手な人と結婚したいな〜』などの現実的な内容が増えてきます。
人間は自分の願望を相手と共有したいという願望も持っており、これは好きな人や好意がある相手としたいと思います。
なのでこういった話をされるということは、男性心理で好意のある言葉である可能性が高いといってよいでしょう。

スポンサーリンク

二つ目は『言葉が優しい』です。
元々男性は女性を守りたいという本能があり、好きな人や好意がある人にはいっそうその思いが強くなります。
これは少なからず女性にもこういう思いはあるものです。
そのため、会話はどんどん優しい言葉になっていき、甘い雰囲気になっていきます。
たとえば、仕事は順調なのか?体調は大丈夫なのか?
とか、相手を気遣う言葉が多くなってきます。
多くの男性は女性には平等に優しいですが、好きな人に対しては、特別優しくなります。
なので、他の人とは違う優しさを感じたら、脈ありなのかもしれないですね。
三つ目は『自慢話が増える』です。
好きな相手や好意を持っている相手には、自分の自慢話や過去の栄光を話したりします。
これは自己重要感や自己肯定感を満たしたいために発する言葉です。
これはどうでも良い相手よりは好きな人や好意を持っている人からされる方がより満たされます。
以上三つの好意ある言葉について話してきました。
気になる相手がこれらの言葉を使っているか、チェックしてみましょう。
以上、男性心理で好意のある言葉とは?についてでした。

スポンサーリンク