男性心理 電話 脈あり

あえて電話を使って「脈あり度」をチェックする男性心理

スポンサーリンク

今回はあえて電話を使って「脈あり度」をチェックする男性心理について話していこうと思います。

あくまで仕事上のお付合いとはいえ、取引先の担当者が好ましいタイプの女性だったら、男性は多かれ少なかれ「異性」を意識してしまうものです。
打ち合わせや会議、あるいは懇親会といった接点が増えるにつれて、その気持ちが次第に恋愛感情へと発展していく確率は、決して低くありません。
とはいえ、そこはやはりビジネスパートナーですから、プライベートなコミュニケーションにまで育てていくのが難しいことも事実。
けれど実は電話なら、意中の女性と直接、しかも個別に話をすることができます。
もちろん仕事で連絡しているワケですが、男性心理としてはその貴重なチャンスを生かして自分の魅力をアピールしたい、と考えます。
あわよくば、なにげない会話の中から、自分に対して脈ありかなしかを、探ろうとするものです。
スポンサーリンク

 まずは当たりさわりのない時候の挨拶。
「寒い、暑い」に絡めて趣味や食べ物の好みといった情報を、さりげなく聞き出す…そんな高等テクニックを駆使できる男性も、もちろんいるでしょう。
けれど多くの場合、彼らは会社の自分の席から電話をしているのですから、周囲の同僚のことを必要以上に警戒してしまうあたりも男性心理のなせるワザ。
そのためか時には必要以上に、ぶっきらぼうな対応をしてしまう場面もあるようです。
なにしろ男性は、微妙なニュアンスで恋心を伝えることに不器用。
裏返せば、そうしたわかりづらい心の機微を汲み取ってくれる女性には、とても「弱い」のかもしれません。
ひとつ言えることは、あえてメールを使わずに電話で頻繁に連絡してくる男性は、「脈あり」のシグナルを発信している可能性が大きい、ということでしょう。
以上、あえて電話を使って「脈あり度」をチェックする男性心理についてでした。

スポンサーリンク