男性心理 メール 敬語

メールで敬語を使う人の男性心理

スポンサーリンク

今回はメールで敬語を使う人の男性心理というテーマで話していこうと思います。

初対面などの場合に男性が女性に敬語を使うのはそんなに違和感はありません。
しかし、ある程度仲良くなり、上司や先輩といった上下関係がないにもかかわらず、敬語でメールを送っている男性がいます。
そういった人の隠れた男性心理とはどのようなものでしょうか。
そもそもメールで連絡を取ったりしている場合、これから仲良くなり、距離を縮めたいと考えている人も多いでしょう。
しかし、ずっと敬語でメールがくるとなんだか、心を開いていない感じがしてさみしい気持ちになります。
まず、男性からメールを送る場合に、ですます調の場合というのは男性心理として、相手に対してまだ緊張が解けてなく、相手のことを親しくないと認識している可能性があります。
スポンサーリンク

男性はささいなことでフレンドリーに感じ、やめるきっかけになります。
しかし、出会ったばかりの段階では、まだ親しくなってはいないけど、これから親しくなりたいのか、これからも事務的にメールをしていくだけなのかがわかりません。
ある程度の会話をしていながら、まだ敬語が続くようであれば、それは、これ以上仲良くはなりませんというアピールかもしれません。
男性は、見込みがない、興味がないと感じるとすぐに引いてしまう傾向があるので、いったん引いてしまうとこれ以上は見込みがなく、いつまで続けてもずっと敬語のままかもしれません。
まだ親しくないからなのか、仲良くはしませんのアピールかは普段の関係にかかわってくるので、その見極めをしていく必要があります。
以上、メールで敬語を使う人の男性心理についてでした。

スポンサーリンク