男性心理 好意 食事 おごる

男性心理において食事をおごるのは好意のあらわれ?

スポンサーリンク

今回は男性心理において食事をおごるのは好意のあらわれ?というテーマについて話していこうと思います。

男性心理において、食事をおごるというのはどのような心理のあらわれなのでしょうか。
一般的に、女性と食事に行ったときは男性がおごるというのがスマートなマナーと考えられています。
そのため、たいていの男性、とくに女性のほうが年下の場合は支払ってくれるパターンがほとんどです。
そこに好意のあるなしはあまり関係のないことが多いです。
好意を持っていなくても、むしろ自分の悪評をおそれてお金を払ってくれるということもあります。
そのため、おごってくれたからといって好意があるのだと思うのはやや早計です。
逆に、女性とのデートに慣れていない人だと、スマートに支払いをすませられない人もいます。
そのため、女性のことが気になっていてもうまくおごれない人もいます。
スポンサーリンク

好意があるかないかを見極めるには、食事のシチュエーションと女性からの支払いの意志を見せたときの対応がポイントです。
まず、食事をした場所が少し格式の高いレストランなどなのか、気さくな居酒屋などなのかが一つ目のポイントです。
格式の高いレストランではおごって当然のような空気がありますが、居酒屋では割り勘や会費制も多いです。
居酒屋などの気さくな場でも払ってくれる場合、気になっている相手の可能性が高いです。
また、女性が支払う意志を見せたとき、あっさりと払ってもらうようだと好意を持っている可能性は低いといえます。
男性心理として、気になる女性にはかっこつけたいという風に考えることが多いです。
そのため、多少の申し出でも気になる女性ならばおごってくれるのが一般的です。
以上、男性心理において食事をおごるのは好意のあらわれ?についてでした。

スポンサーリンク