男性心理 好意 言動

男性心理、好意があると判断できる言動

スポンサーリンク

今回は男性心理、好意があると判断できる言動というテーマについて話していこうと思います。

女性にとって男性心理を読む事はそれほどむずかしくないとおもいます。
男性は、気になる女性を目の前にしたり、その女性と言葉を交わしたり、またはその好意の対象となる女性の話題が会話のテーマに上がるだけで、何かしら言動に反応があります。
その好意が表れた言動を注意深く観察するだけで簡単に男性心理を読む事ができます。
なかには、ポーカーフェイスのような、全く心理を言動、表情に出さない男性もいますが少数です。
そんな表情や言動に好意が出ない人は遊びなれた人やパッションがない人かも知れません。
通常、どんな男性でも好意をよせる女性を目の前にすると、絵に描くよりも明らかに反応が表れます。
言動にはどんな変化があるのか、見てみましょう。
スポンサーリンク

まず、男性は好意のある女性を無意識的に目で追ってしまいます。
女性はそんな目線に気づく事もあるのではないでしょうか。
最近、もし目がやたらと合う人がいれば、その人はあなたの事を気になっている可能性が高いと思っていいと思います。
また、目が合うと、視線を伏せるそんな行動があればなおさらです。
また、何でもないのにメールが頻繁に来たり、話しかけてきたり、コンタクトをとろうとします。
また、会話中、肩や腕に軽く触れてきたらもう明らかです。
そんなときも、目を合わせると、恥ずかしさ故、視線を伏せる、この行動を無意識に男性はとってしまいます。
また、会話やメールで対象の女性のプライベートな部分を知りたがったり、好きな食べ物、趣味、旅行先など、共通のテーマ、自分との共通点を探そうとする姿が会話に現れます。
また、やたらと男性自身の子どものときの思い出話を女性にしたり、自分に対しての理解を深めてもらおうと努力します。
また、来週どこかに出かけよう、週末食事をしようなど誘ってきたら、好意は明らかです。
以上、男性心理、好意があると判断できる言動についてでした。

スポンサーリンク