男性心理 ボディタッチ サイン 好意

男性心理としてボディタッチは好意やサインの証拠?

スポンサーリンク

今回は男性心理としてボディタッチは好意やサインの証拠?というテーマで話していこうと思います。
男性心理としてボディタッチは好意やサインの証拠なおでしょうか?みてきましょう。
まず男性女性限らずに人間は嫌いな人にボディタッチはしようとしません。
そもそも嫌いな人には近づこうとしません。
しかしそうはいっても、職場の上司など、嫌いな人にも仕方なく接近しないといけない状況があります。
職場の上司や嫌いな人には、自ら率先して身体に触れることはまずありえません。
なので男性心理としては、好意がある人でなければボディタッチはしようとしません。
しかし会社の上司が『おはよう!』などと挨拶をしてくる可能性はあります。
これは好意ではなく、いわゆる社交辞令であって、好意や好きという感情があるケースはほとんどありません。

スポンサーリンク

男性心理を表すサインとしてポイントとなるのが『手』です。
手は人間の心理をよく表す部位の一つとされています。
最近では『頭ポンポン』『顎クイ』『壁ドン』なんかが話題になりましたね。
ボディタッチを男性心理と上手く絡めた仕草の一つですね。
これは多くの女性を胸キュンさせるボディタッチなのです。
中でも手にタッチをする男性心理は注目です。
顔にゴミ等がついていて、顔に触れる機会はなくもないですが、手に触れる機会なんて滅多にありません。
それだけ手というのは特別な部位なのです。
なので手に触れてきた男性は好意があるサインと考えてまず間違いないです。
以上、男性心理としてボディタッチは好意やサインの証拠?についてでした。

スポンサーリンク