男性心理 好意 視線

その視線は好意がある男性心理なのか見極めろ!

スポンサーリンク

今回はその視線は好意がある男性心理なのか見極めろ!というテーマで話していこうと思います。
好意がある人には視線を送ってしまうと言われていますが、男性も女性もこれは一緒です。
特に男性心理では視線を送ってしまうのは好意の表れだといわれています。
一度や二度だけではなく何度も目が合う場合は脈ありのサインの可能性が非常に高いです。
しかし男性は好きでもなく、ただかわいいというだけでも視線を送りますので、好きなのか?それともただ単にかわいいから見ているのか?を見極めなくてはいけません。
勘違いをすると後でガッカリするのは自分なので、最高のパートナーを見つけるのはこちらの目を肥やさなければいけません。
特に男性は好意をもっていなくても女性をみてしまう傾向があるので、十分気をつける必要があります。
視線で好意がある男性心理なのかの見極めは、相手の表情を観察することです。
爽やかな笑顔だったら、相手はあなたを好きにさせようとしている可能性があります。
ニヤニヤしていたら、気持ち悪いかもしれませんが、あなたに好意がある証拠です。
無表情でみていたら、何も思っていないか、好意がばれないようにポーカーフェイスを装っているかもしれません。

スポンサーリンク

単純に好きな場合は視線を送ってくる際、表情が柔らかく、見られると恥ずかしがるような表情や態度が表れます。
男性は笑顔を作るのが苦手な方が多いため、一見笑顔になっていないと思っていても、本人は笑顔でいるつもりでいる可能性もあるので、表情の小さな変化も感じ取ってあげると、好意があるのかないのかを見極めることができます。
一番注意したいのが、無表情であなたを見ている人です。
もしかしたら他の意図がある可能性があるため、うかつにこちらからは反応をしないことです。
反応してしまうと相手のツボにはまってしまう可能性があります。
男性は鈍い人も多く、こちらが好意があってみているにも関わらず、目が合っても『なんで観ているんだろう?』と思ってる人も中にはいるため、好意がある場合は他のサインを送って伝えなければいけません。
例えば笑いかけて相手の反応を観てください。
何も思っていなければ、笑顔を返してくれないだろうし、好意などの感情がある場合は嬉しい顔をしたり、照れたり、何かしらの反応をくれるはずです。
以上がその視線は好意がある男性心理なのか見極めろ!でした。
他にも色々と参考になりそうな記事をかいていますので、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク